2022

 

サンパウロGPのスプリントレースでは、ポールポジションのケビン・マグヌッセンを2番グリッドのマックス・フェルスタッペンが3周目にオーバーテイクし首位を快走。しかしミディアムタイヤのペースが振るわず15周目にジョージ・ラッセルが逆転してそのままスプリントレースを制した。フェルスタッペンはカルロス・サインツに抜かれる際にフロントウイングにダメージを負い、さらにペースを落としてルイス・ハミルトンにも抜かれ、4位フィニッシュがやっとだった。

 

そんなサンパウロGPスプリントレースのペースを分析していこう。

 

全ドライバーの全ラップタイムをグラフ化すると以下のようになる。横軸が周回数で、縦軸はペースで上に行くほどペースが速い。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (1)
    • unicorn712
    • 2022年 11月 13日

    気温と路面温度が上がる決勝レースにソフト2つ残してるのが、
    裏目に出るかもしれないですね…

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2024年2月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829