2021

 

ーーただ1人のソフトタイヤスタートでしたが上手くいきませんでした。

「タイヤ選択は悪くなかったと思います。でもランス(・ストロール)との接触で全てが駄目になってしまいました。彼は明らかに全くミラーを見ていませんでしたし、通常のラインでターン1に入ってきたんです。ものすごくフラストレーションの溜まるレースでした」

 

ーーあなたの視点から見たあのインシデントの見解は?

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (1)
    • unicorn712
    • 2021年 11月 16日

    角田のストロールに対する飛び込みは、2018年のベッテルに対するフェルスタッペンの飛び込みと、2019年のサインツがペレスに対してやったのと同じように見えました。外野がストロールを批判しているのは、たぶんそれが頭にあるんだと思います。その時が今年の裁定基準と違っていたのかは覚えてないですが、今年のほかのレースの裁定と比べたら角田のペナルティはしょがないかなと。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2022年8月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031