2021

 

 USGP決勝で角田裕毅はスタートでバルテリ・ボッタスとピエール・ガスリーを抜いて8位に上がり、9周目にピットインしてポジションをキープ。ボッタスには第2スティントで先行を許したものの、その後はアルファロメオ勢を抑え込んで9位をキープし今季ベストレースと呼べる内容で入賞を果たした。

 

 全ラップの全無線交信を見ていきながら、実際に何が起きていたのかを解説していこう。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (1)
    • ヨッサム
    • 2021年 11月 02日

    レースを観てても感じましたけど、無線からも成長とチームとの関係性が向上して着始めたことが凄くつたわって来ました。
    残り5戦、来年に向けこの調子で一歩一歩しっかり地に足を付けビルドアップしていって欲しいですね(^^)

コメントするためには、 ログイン してください。