RACE【レース】

 

 トルコGP決勝で角田裕毅はルイス・ハミルトンを1周目のターン12から8周目のターン3までブロックし約11秒のタイムロスを与え、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンの選手権争いをアシストすることに成功した。

 

 その一方で、序盤の無理がたたってタイヤ消耗が進み、22周目のターン9でスピンを喫し13位に後退。第2スティントはペースが上がらず14位でレースを終えた。

 

 フェルスタッペンへの援護射撃と、ポイント獲得を逃したことには賛否両論があるが、角田自身がどのように考え、どこを目指して戦っていたのか。全ラップの全無線交信を見ていきながら、実際に何が起きていたのかを解説していこう。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (2)
  1. Labella
    • maplewalnut1
    • 2021年 10月 16日

    トルコ・グランプリで、最も知りたかった情報でした。ありがとうございました。心より感謝!

    • ManGok
    • 2021年 10月 17日

    他のどんなニュースサイトでも読むことが出来ない記事だと思います。
    ありがとうございます。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2021年12月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Nov    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031