RACE【レース】

 

 2021年第4戦スペインGP決勝は、マックス・フェルスタッペンがスタートでルイス・ハミルトンを抜いて首位に立ち、ピットストップの後もレースをリードしたものの、ハミルトンが2回目のピットストップを行ない15周フレッシュなタイヤで猛追し60周目に抜き去ってポールトゥウインをもぎ取った。

 

 中団グループはシャルル・ルクレールが前半はバルテリ・ボッタスを抑えて走り、後半は単独走行で中団最上位の4位。ダニエル・リカルドに抑えられ続けたセルジオ・ペレスは5位に終わり、その後ろにリカルド、カルロス・サインツが続いた。

 

 16位スタートの角田裕毅はスタートで2つポジションを落とし、ジョージ・ラッセルとミック・シューマッハを抜いていったものの燃圧低下でエンジンが止まってリタイアとなった。

 

 そんなスペインGP決勝の全ドライバーのレースペースを比較することで分析していこう。

 

 全ドライバーの全ラップタイムをグラフ化すると以下のようになる。参考値として2020年第6戦スペインGPの優勝者ルイス・ハミルトンのタイムも併記しておく。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2021年10月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Sep    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031