REPORT【報道】

 

 12月10日、ピレリとFIAは来季も2019年型タイヤを継続使用することで全チームが合意したと明らかにした。アブダビGP後の公式タイヤテストで2020年型と2019年型の比較を行ない、各チームの技術責任者が会合を開いて投票を行ない決定したもの。

 

 2020年型タイヤは今年21日間にわたって各地で開発テストが行なわれるとともに開発が進められ、現状の問題点とされるワーキングレンジの狭さや温度変化に対するグリップレベル変化の過敏さ等を改善することを念頭に開発されてきた。

 

 しかし第19戦USGPの金曜フリー走行に試験投入された際に各ドライバー・各チームからは「グリップレベルが低い」と不満が噴出し、2019年型を継続使用すべきではないかとの声が上がった。

 

 これは2020年型タイヤ用の内圧設定がなされていなかったことなどに原因があったため起きたことだったが、結果的にチーム側の印象はここから2019年型推進へと向かってしまったことになる。

 

 ピレリのマリオ・イゾラは次のように説明する。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (4)
    • w0fu1sg6
    • 2019年 12月 11日

    きた。
    よえやん来た。
    ここしかないないね。

    • zooropa14
    • 2019年 12月 11日

    タイヤテストはどのチームも大切だと思いますが。タイヤメーカーも毎年変更するのではなく。F1の技術の大幅変更と共にタイヤも変更した方が色んな意味で開発が進むのでは、タイヤの良し悪しは別として。

    • nakawankuma
    • 2019年 12月 11日

    まぁ21年で、18インチだしね。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2020年1月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Dec    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031