REPORT【報道】

 

 ホンダは第16戦ロシアGPに新型パワーユニットのスペック3を投入することを決断した。金曜フリー走行からトロロッソ・ホンダの2台ともにESSを除く5コンポーネントの新品が投入される。これによりトロロッソ・ホンダの2台は最後列グリッドからスタートすることになることが確定的だが、パワーユニットのパフォーマンスは大幅に向上することが期待されている。

 

 スペック3はカナダGPから使用してきたスペック2の経験とデータを生かしてICEの燃焼系をさらに進化させたもので、2019年型に向けた基礎開発ならびに実走テストの意味合いもあるもの。ハンガリー合同テストでのデータ収集・分析によって夏休み明けにはスペック2の性能を最大限に引き出すところまで来ていたが、スペック3の投入によってさらなるパワーアップを果たすことになる。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (2)
    • 3Blackcats
    • 2018年 9月 28日

    ブラジルあたりで燃料アップデート、、ありますかね?

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2018年12月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Nov    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31