REPORT【報道】

01_sm_c33_press_front_side_2014_A4

 

 ザウバーは新車C33の写真を1月26日に公開したのみで、ヘレスでは特に公式にマシン披露の場を設けることなくテスト走行のみに専念した。公開された写真2点はいずれも側面からのもので、2014年型マシンの特徴であるノーズの奇異さは目立たないよう配慮されたものだった。

 

 ザウバーはテクニカルディレクターのジェームズ・キーを2011年に失ってから、チーフデザイナーのマット・モリスと空力部門責任者、ビークルダイナミクス(メカニカル)部門責任者の3者合議制でマシン開発を進めてきた。2013年序盤にモリスが突如チームを離脱し、C33の実質的な開発責任者の職はこれまでコンセプトデザインを担当していたチーム生え抜きのエリック・ガンデランに委ねられることとなった。しかし2013年後半にパフォーマンスが上向いたことを考えれば、この新体制にも特に不安はないと言えるだろう。ただし、チームが財政難にあることから人材の流出は続いており、その点にはやや不安もある。

 

02_sm_c33_press_side_2014_A4

 

 C33はザウバーの原点ともいえる質実剛健のコンセプトでデザインされている。潤沢にコストをかけられない中で確実に結果を残すという意味においては、理にかなった戦法だと言える。

 

 ロシアの投資会社との交渉を進めていたがこれは実らず、結局テルメックス資金の継続を選んだ。そのためマシンは引き続きチームのイメージカラーであるグラファイトに塗られ、大きなカラーリングの変化はなく、スポンサーロゴも少ない。

 

03_d_reinhard_jerez-test_2014_1490

 

 マシンは一見して大きな特徴もなく、新規定の中でコンベンショナルなマシン作りを心がけたことが見て取れる。ただしこれはまだ発表会仕様のマシンでしかなく、開幕前のバーレーン合同テストにはアップデートした空力パッケージを持ち込むことを宣言している。確かに、マシン各部に何かを隠しているような、あまりにシンプルな箇所は見受けられる。

 

 ヘレスでは新型パワーユニットのコントロール面が熟成不足で、立ち上がりの途中で突然発生するトルクにドライバーが手こずって何度もコースオフやクラッシュを経験するなど、まだまだ進歩の余地はある。1993年のF1参戦以来、質実剛健のスタンスを貫きながらもザウバーが時折光る存在感を見せてきたのは、限られたリソースの中でも独創性を働かせて斬新なアイディアを生み出してきたからだ。質実剛健の原点に立ち戻って革新のシーズンをスタートさせたザウバーは、開幕までにどれだけその中に斬新なスパイスを効かせることができるのだろうか。

 

(text by 米家 峰起 / photo by Sauber)

 

【TECHNICAL SPECIFICATIONS】 SAUBER C33 

Chassis carbon-fibre monocoque
Front suspension upper and lower wishbones, inboard springs and dampers activated by pushrods (Sachs Race Engineering)
Rear suspension upper and lower wishbones, inboard springs and dampers actuated by pullrods (Sachs Race Engineering)
Brakes six-piston brake callipers (Brembo), carbon-fibre pads and discs (Brembo)
Transmission Ferrari 8-speed quick-shift carbon gearbox, longitudinally mounted, carbon-fibre clutch
Chassis electronics MES
KERS Ferrari
Steering wheel Sauber F1 Team
Tyres Pirelli
Wheels OZ
Dimensions  
length 5.300 mm
width 1.800 mm
height 950 mm
track width, front 1.460 mm
track width, rear 1.416 mm
Weight 691 kg (incl. driver, tank empty)

Ferrari 059/3

Configuration V6 90°
Displacement 1600 cc
Bore 80 mm
Stroke 53 mm
Valves 4 per cylinder
Maximum revs 15,000 rpm
Turbo charging single turbo
Maximum fuel flow 100 kg/h
Maximum fuel capacity 100 kg
Injection 500 bar – direct
Units per driver 5
ERS System  
Battery Energy (per lap) 4 Mj
MGU-K power 120 kW
MGU-K maximum revs 50,000 rpm
MGU-H maximum revs 12,000 rpm

 

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2019年6月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« May    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930