REPORT【報道】

 

 メルセデスAMGのチーム代表トト・ウォルフは、ルイス・ハミルトンの移籍決定を受けてオンライン会見を行ない、後半では今後チームとハミルトンの間でどのように情報を共有するのか、レースエンジニアのピーター・ボニントンの去就はどうなるのか、2025年のドライバー選定に関連してメルセデスAMGの期待の新星であるアンドレア・キミ・アントネッリなどについて語った。

 

ーー今回の発表で傷つきましたか?

「いや、傷ついたとは思わない。なぜなら、我々は冷静さを保った上で、今シーズンの計画を立て、数々の決定を下すことに集中しなければならないからだ。仲の良い人がいなくなってしまうわけではなく、チームが変わるというだけなんだからね」

 

ーー最後にメルセデスAMGが安定して勝利を掴んだ年は2021年です。以前、ハミルトンと力を合わせて一緒に8度目のチャンピオンを獲得することを目標としているとおっしゃっていましたが、彼はもうそれが可能ではないと思ったのでしょうか?

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (1)
    • unicorn712
    • 2024年 2月 08日

    言い方はアレですが、ハミルトンはある意味で「トトが敵になる恐ろしさ」を経験することになりますね。
    トトは上司としては最高だけど、敵にはしたくないイメージです(笑)

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2024年2月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829