REGULAR【連載】

 

 去年の春に配られた10万円の給付金でFANATECを買ったよねやんです。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (1)
    • tomomiee
    • 2021年 1月 28日

    国債に関する認識は私も同じですが、前提の捉え方が異なります。現政権を擁護する気はありませんが、「本来なら預金に回るかどこかに使われたそのお金が国民全員に再分配されるわけですよね。」の点では、国民全体に再分配するより、私はもっと効率的な分配先があると考えてます。
    「そして何年か後にまた国民のお金(税金)からそのお金が元の持ち主のもとに戻る。」の点では、歳出超過の現状では税金の徴収額が足りずに元の持ち主に返らない可能性があると考えてます。
    「国債を買うのは国民だし、」の点では、現状大部分が国内の金融機関(国民の預金)なので正しい認識ですが、これが外国人投資家の投資額が大きくなってくるとデフォルトも現実味を帯びてきます。事実、国内の金融機関は国債を引き受けるのに消極的になってきています。
    なので、一律給付ではなく、戦略的な分配をしないと国力を削ぐ結果になると思います。ある程度は現政権の都合のよい形になって不平等に見えてしまうのは民主主義では仕方がなく、それが問題なのであれば根本的には現在の政治システム自体が問題ということです。この点は論点がずれるのでこの辺で。
    いずれにせよ、トップはしっかりして欲しいですし、その競争相手にも、そして報道、観客(国民)にもしっかりしてもらって、日本のレース会ではなく、F1のようなトップレベルのレース(政治)を関係者全体で実現しなければいけないのだと思います。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2021年3月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Feb    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031