REGULAR【連載】

 

 今年は角田裕毅がF1デビューを果たしますが、日本人が世界に打って出て戦うとき、決まってメディアで使われるのが「サムライ」か「若武者」という言葉。

 

 僕はこれにすごく違和感を覚えるんですよね……。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (1)
    • toukeidou
    • 2021年 1月 07日

    う~ん。日本は、むしろ価値観を押し付けられている側だと思うんですけど。ルールを作る側に居ないから、いつも不利な条件で戦うことになるみたいな。サムライと言ったぐらいでどうにかなるもんでもなし、言わせておいてやれよぐらいに思われてるんじゃないの。オリンピックの競技なんかで特にそう感じます。

    ある意味、アメリカもガラパゴスだと思うんですけど、押し付けるだけの経済力と軍事力の裏付けもあるしね。アメフトとかバスケとか、まぁ、色々ありますわな。

    日本がバブル絶頂期から富国強兵に舵を切っていたら、今ある問題のかなりの部分が問題にもなっていないと思います。本当は、f1に2チームぐらい純国産チームがあってもいいはずなんです。

    失われた二十数年の失政のつけは、f1みたいな金の掛かる分野で特に顕著です。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2021年3月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Feb    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031