REGULAR【連載】

 

 2019年はヨーロッパが熱波に襲われて異常な暑さのレースが少なくありませんでした。タダでさえ暑いコクピット内は、例年以上の暑さに見舞われていました。

 

 走行中は風が当たるためまだ気にならないといいますが、問題はピットガレージ内でコクピットに収まって待っているとき。半袖で立っているだけでも暑いのに、ドライバーたちはヘルメットやノーメックスの難燃性アンダーウェア、レーシングスーツを身に着けて狭いコクピットの中にいなければなりません。

 

 暑い時にはドライアイスを入れたボックスから冷風を送る小さな輪っかのようなものを見かけることが多いですが、メルセデスAMGは夏前にこんな新型装置を投入してきました。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (2)
    • girime
    • 2020年 1月 20日

    こういうところにもチームの強さが見えますね。
    誰が思いついて、それをどのようにチームとして意見を吸い上げる仕組みになっているか気になりますw

    • MINEOKI YONEYA
      • MINEOKI YONEYA
      • 2020年 1月 23日

      誰でも思いついた人が自由に意見を言えて、それがスッとトップまで行くとか、現場の裁量でできるとか、組織として風通しが良くてクリアなんでしょうね。全員が自分の頭で考えて、チームを少しでも良くするために動くというカルチャーが徹底してますね。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2020年11月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Oct    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30