REGULAR【連載】

 

 F1の現場では日本の角度傾斜計が大活躍しており、トロロッソ・ホンダが使っているのはミツトヨの角度傾斜計であるとご紹介しましたが(https://members.f1-life.net/regular/77980/)、これとは異なる角度傾斜計を使っているチームもあります。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (1)
    • 3Blackcats
    • 2019年 1月 26日

    レッドブルやメルセデスはどうやっているのか気になってしまいます。昨年、無線内容の記事でレース中トップチームのドライバーが「次のピットでフロントウィングの高さを1ターン増やして(だったかな?)」という記事で「レース中ドライバーが角度指定できるほど変化を把握しているのか」と驚きでした。(ネジの回転数に応じて角度が変わる?)

    バイクの話ですみませんが、市販バイクで「各部の締め付けトルクを適正にする」と「走りが変わる」のだそうです(元ホンダの設計技術者さんの話)。市販バイクでも違いがわかるほど変化するなら、F1マシンなら尚更、各部の締め付けトルクを適正にしておかないと激変するのではないか、なんて想像してます。各部の締め付けトルクの管理+各レースで使われる(数セット分?)トルクレンチなど工具の校正頻度などが、トップチームとトロロッソで違いがあるのか、など(できれば)教えて欲しいです。

    参考:上記「バイクの各部の締め付けトルクの適正化」については、バイカーズステーション(Bikers Station)2019年2月号31ページの記事です。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2020年9月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Aug    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930