REGULAR【連載】

 

 日本で使用されているのは一般的にプラスねじと呼ばれる十字型のクロスねじが大多数を占めています。最近ではスマートフォンやコンピュータなどユーザーによる分解を防止するように特殊な形状のものも増えてきていますが、F1マシンに使用されるネジはさらに少し特殊です。

 

 一見するとただのクロスねじに見えなくもありませんが、よく見るとただの十字型ではなく、それぞれの切り込みがオフセットされているのが分かります。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (1)
    • 零48
    • 2018年 9月 18日

    ねじって面白いですよね。国によって、ネジと言えばコレっていうものが違いますし。

    日本のプラスねじは、安価なドライバーを使うと直ぐにネジ山が潰れてしまいます。ネジ側の問題だと思われてますが、安いネジでも高品質なドライバーだと起こりにくいですし、多少滑てしまったネジ山でも高品質なドライバーであれば普通に回せます。

    元から滑難い形状になっていれば問題ないのですけどね。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2018年9月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Aug    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930