REGULAR【連載】

 

 F1マシンは各所に空冷装置が搭載され、エンジンやモーター、バッテリー、ハイドロ系フルード、ブレーキ、ECUなど様々なものを冷却しています。それだけ多くの熱源があるのがF1マシンです。

 

 マシンが走行している間は走行風で冷却していますが、走行を終えてマシンが停止すると風が全くなくなり、コンポーネントによっては冷却が不充分でオーバーヒートしてしまいます。もちろんそれを想定した上で、ピットに戻る際にはスローダウンしてマシンを充分にしてから戻ってくるわけですが、それでも充分ではないコンポーネントもあります。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2022年5月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Apr    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031