REGULAR【連載】

20180222-01

 

 最近テレビ中継でセッション中にマシンを撮影しているカメラマンの姿が映し出されることが増えたように感じられますが、F1の場合ピットレーンへの立ち入りには非常に厳しい制約が加えられています。

 

 以前は赤色の年間パスを保持しているメディア関係者であれば、誰でも自由にピットレーンを歩き回り取材も撮影もすることが可能でした(予選・決勝以外)。しかし2013年のドイツGP決勝中に外れたタイヤがカメラマンを直撃し骨折させるという事故が起こり、それ以来ピットレーンへの立ち入りは厳しく取り締まられることになってしまいました。チーム側は自分たちの秘密を探るようなメディアはいないに越したことはないわけで、これを好機と考えて当初は完全禁止という案も出たようですが、FIAが断固として付け入れず、各セッション25人までに限るという折衷案で折り合いを付けました。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2018年7月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Jun    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031