REGULAR【連載】

07_P1270009

 

 前回の【F1紀行】で予告してから随分間が空いてしまいましたが、今回はスペイン名物のバルをご紹介しようと思います。スペインではレストランではなくバルといって、カウンターにタパスというお惣菜ものがずらっと並んだとお店でわいわい話ながら夕食を摂るというスタイルが一般的なんです。

 

 ヘレス合同テストの取材時に、ヘレス駅の前にあるこんなこぢんまりとしたお店に立ち寄りました。ヘレスに着いた初日の夜だったかな。随分もう遅い時間で、いくら夕食の始まりが遅い(午後9時くらいから始まる)スペインといえども、もうお客さんもいなくてお店も終わりかけの時間。

 

08_P1270011

 

 お店の奥にこんなカウンターがあり、本来なら地元の人たちはここでお酒を引っかけながら、気に入ったタパスをつまみつつおしゃべりに興じたり、サッカー中継に一喜一憂したりといった具合。この日はもうすっかりお客さんも帰っちゃっていましたが。バルセロナの大きなバルなんかだと、もっと大きなカウンターがあって、そこにズラ〜っとタパスが何十種類もならんでいて、それはそれは壮観。どれを食べようか、目移りしちゃいますし。

 

 こちらのお店は奥に小さなショーケースが見えますが、そこに何品目かタパスが残っているだけでした。おそらく、お客さんが多い時間帯にはもっといろんなタパスが並んでいたはず。

 

09_P1270013

 

 まずは定番のスペイン風オムレツ、トルティーリャ。中にジャガイモがたっぷり入っている卵焼きで、とてもシンプルなんですが温かかくてほくほくで、たまりません。スペインに来たらまずはこれを頂きます。バルのタパスの中では主食のような存在なのですが、バルセロナあたりではこれを頼むと一緒にパン・コン・トマテも出てきたりします。カタルーニャ地方の名物であるすりつぶしたトマトをパンに塗って、香り豊かなオリーブオイルをたっぷりとかけたもの。これもシンプルなんですが、日本のと違ってこちらのトマトは酸味も水くささもなく、トマトの甘さと爽やかな香りが楽しめるんです。

 

10_P1270015

 

 トマトを使った料理というのはヘレスのあるアンダルシア地方でもあって、僕は白身魚や野菜をゴロゴロとトマトソースで煮たこんなタパスを頼んでみました。初めて見る品だったし料理の名前は良く覚えていないのですが、美味しく頂きました。見た目からでも、トマトソースの中に魚や野菜の旨味がしっかり溶け込んでいるのが分かりますよね?

 

 というかもう、普通に日本の家庭料理と言われて出てきてもおかしくないような料理ばかり。バルの雰囲気は完全にスペイン、それも北ヨーロッパとは少し違った明るく派手な色使いの異国情緒漂う雰囲気なのに、食べ物に対する嗜好性は我々日本人とそんなに変わらないだと思うと不思議な感じがしたり。

 

11_P1300245

 

 そうそう、前回ご紹介したレストランの奥にもバルのようなカウンターがあって、レストランでゆったりと食事をという人よりも、カウンターでわいわいやりながらタパスをつまんでいるおじさんたちの方が多かったんです(スペインはお酒もすごく安くて水とほぼ同じ値段なんです)。日本でいうところの居酒屋みたいな感じです。でもこんなカラフル。これが南スペインのグルメってやつなんです。

 

(text and photo by 米家 峰起)

 

 

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (1)
    • mitsunishira
    • 2014年 3月 09日

    おいしそう!!

コメントするためには、 ログイン してください。

Calendar【日付で記事検索】

2020年2月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Jan    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829