REGULAR【連載】

NOSE-2016-01

 

 2016年シーズン序盤のフライアウェイラウンドの間にも2016年型F1マシンはどんどん開発が進んでいますが、静かなブームになりそうな予感なのが、ノーズ先端の“ロゴ”の造形です。

 

 バーレーンGPから投入されたウイリアムズの新型ショートノーズの先端部分には冷却風のエアインテイクが設けられていますが、そのスリットの間にはチームロゴの「W」が立体的に盛り込まれているんです。新旧ともにノーズ先端にはウイリアムズのチームロゴが紺色で貼られていますが、こちらの新型ショートノーズだけはスリットの間にもWロゴの造形が刻印されています。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2020年11月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Oct    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30