REGULAR【連載】

20141028-01

 

「B MIG」(びーみぐ)

 

 このF1ギョーカイ用語を耳にしたことのある人はまだあまりいらっしゃらないかも知れません。最新ギョーカイ用語のひとつだと言って良いでしょうが、これから使われる機会も増えてくると思われます。

 

 メルセデスAMGのステアリングに「B MIG」という項目(サムホイール)があるのをご存じでしょうか? 今これを使っているのは主にメルセデスAMG陣営だけですが、同じ意味の機能は他のチームでも扱っています。

 

 彼らは「ビーミグ」と呼んでいますが、これは「ブレーキ・マイグレーション(Brake Migration)の略称なんです。

 

 マイグレーションというのは今年BBW(ブレーキバイワイヤ)が導入されたことで活用されるようになったもので、直訳すれば「移動」。そしてBミグ、つまりブレーキ・マイグレーションとは、ブレーキバランスを常に変更させる機能のことをいいます。

 

 ちょっと分かりづらい機能ですが、例えばブレーキバランスの設定がフロント55:リア45だったとします。最初にドン!と踏んだ瞬間のバランスはそれでも良いのですが、減速するにしたがってドライバーはブレーキをロックさせないためにじわじわっとブレーキペダルを戻していきます。それが従来はドライバーの感覚を頼りにアナログでやれたのですが、今はブレーキ本体だけではなくMGU-Kの発電のために大きな制動力がかかりますから、この過程でブレーキの感覚が狂ってロックしてしまったりするんです。

 

 そこで、ブレーキペダルを戻していく過程でブレーキバランスを57:43だったりと微妙にズラして、自然なブレーキング挙動にしていく。それがBミグことブレーキ・マイグレーションなんです。

 

 ほとんどのチームは「BBW」という項目をロータリースイッチやサムホイールに割り当てていて、ここにブレーキの前後バランスだけでなくマイグレーションの設定も何種類か割り振られていて、それを走行中に切り替えて使っているんです。

 

 BBWもERSの一部ですから、ERSを最も知り尽くしたワークスチームのメルセデスAMGがブレーキ・マイグレーション専用のサムホイールを使っているくらいですから、今後はこれがもっと活用されることになるかも知れません。そうすれば、Bミグとかマイグレーションというギョーカイ用語ももっと広くあちこちで使われることになるでしょうね。

 

(text by 米家 峰起 / photo by MercedesAMG)

 

 

 

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2020年5月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Apr    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031