RACE【レース】

 

 スペインGPの予選では、メルセデスAMGのルイス・ハミルトンがポールポジションを獲得した。マックス・フェルスタッペンは0.036秒届かず2位。Q3最後のアタックラップは新品に履き替えたシャルル・ルクレール以外にタイムアップを果たしたドライバーはおらず、1回目のタイムで予選結果が決まった。

 

 ポルトガルGPでも同様の現象が見られたが、今回もQ3の後半に突風が強くなり、さらには1回目のアタックでセルジオ・ペレスがターン13にグラベルをまき散らしたことから最適なアプローチラインが取れなくなり、コンディションとしては悪化してしまったためだ。

 

 ハミルトンとフェルスタッペンは0.036秒差のほぼ同タイムを記録しているが、両者のマシン特性とタイムを稼いでいる箇所は大きく異なる。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2021年10月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Sep    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031