2021

 

 バーレーン合同テストの初日は、午前中は強風・突風のためマシン挙動が不安定になり、午後は風は弱まったものの砂嵐の襲来でコース上も大気中も砂が多くスリッパリーかつ視界の悪いコンディションとなり、午前・午後それぞれで異なる理由ではあるもののいずれも理想的なテストコンディションとは言えなかった。

 

 3日間に対して各チームに30セット+C3プロト2セットが供給されているが(現在のピレリP ZEROはルーマニア工場製造。予備の製造工場として、かつてメイン工場であったトルコのイズミット工場で製造したC3が問題ないかを確認するためにC3プロトタイプとして持ち込まれている)、どのチームも初日のコンディションが劣悪であったことから使用タイヤセット数は抑えめだった。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (1)
    • toukeidou
    • 2021年 3月 13日

    DAZNで8時間ぶっ通しで見てました(笑)。マーティン・ブランドルが角田のドライビングを賞賛してましたね。滑りやすい砂の上で実質同タイムならエエんじゃないですか。燃料搭載量とかセッティングがどうなのかは知らんけど。周回数をもう少し稼ぎたいところ。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2022年8月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031