RACE【レース】

 

 2020年の第6戦スペインGP決勝のレースペース分析に続いて、戦略分析も行なっていこう。

 

 全マシンのトップからのタイムギャップをグラフ化すると以下のようになる。一番上が優勝者ルイス・ハミルトン(緑色・太線)で、下に行くほどギャップが大きくなる。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (2)
    • toukeidou
    • 2020年 8月 25日

    見方を変えると、メルセデスは、C3以下の柔らかいタイヤがヤバいということですかね。タイヤアロケーションは、ハードは2セットに固定されているから、ハードが何になるかによって迂闊には使えませんな。まだ決まってない持ち込みコンパウンドは柔らかめにしようよ、ピレリさん。

    スパでは、C2~C4かぁ。天気急変でもいいけど。

      • toukeidou
      • 2020年 8月 25日

      予選モードが禁止になって通常モードがパワーアップになるとメルセデスはタイヤマネジメントがより大変になりそう。C1~C3だったスペインGPでもかなり大変だったとハミちんが言ってたし。ボッさんとはその辺りの腕の差ですね。つまり、タッペンは決勝でメルセデス2台に割って入れるサブスクがもらえるかも(笑)。

      予選モードでのPU(あえてエンジンと言わない)のパワーブースト的使い方そのものを(決勝でも)使わせないことが本当にできるのなら、差が縮まるかもね。それはイタリアGPでのお楽しみ(笑)。禁止を1戦延期させてメルセデスとホンダは何をするのかな。誰かスクープしてくださいよ(笑)。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2021年9月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Aug    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930