RACE【レース】

 

ーー70周年GP予選はマックス・フェルスタッペンの4位が最上位という結果になりました。

「今日の予選ではホンダユーザー4台中3台がQ3に進出し、クビアトも飛び出してしまったとはいえクルマの仕上がりは悪くないということで、前回の予選よりも良い結果が残せたと思います。前回のシルバーストンでのデータを見直してチームも我々も今回に備えてきた結果が表われていると思います。ただし本番は明日ですから、その結果がレースの結果に結びつくようにチームも我々も前回のレースやデータを見直して明日に備えたいと思います」

 

ーーマックス・フェルスタッペンはQ3最後のラップがコントロールライン通過スピードは一番遅かったですね。

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (2)
    • toukeidou
    • 2020年 8月 09日

    車体の改善とPUのセッティングは関係無いだって!?ほんま?

    車体批判になりそうな話とかPUの実用的パワー向上に結びつきそうな話は田辺さんの口からは徹底的に出てきませんね。ファンとしては何とか希望を見いだしたいんだけど。。。

    本当に何も無かったりして(笑)。

    それなら何を根拠にメルセデスとの差を詰めると言うのでしょう?PUの開発は凍結されているのに。PU性能の絶対値で劣っているということは、追い付くことはない。せいぜい出し切れていない力を出せるようにしていくだけですね。なぜ出し切れないのか。どのように出していくのか。答えはそんなに多くないと思います。

    オーバースペックな耐久性が予め用意されていて燃焼だったり燃料だったりで追加的に馬力向上ができるのでもないかぎり0.3秒以内に差を詰めるのは無理なのではないですか。

    批評家の中には今年のF1はもう終了と言っている人もいますよ。ホンダのPUは1100馬力出てると言ってくれとは言わないけどさ(笑)。

      • toukeidou
      • 2020年 8月 09日

      浅木さんは、ホンダ独自の分析として、PUについてはメルセデスとそんなに大きなパワー差は無いと言ってるんですけどね。巷間言われている20馬力差というのは、「そんなに大きな差ではない」のですかねぇ。それとも、もっと少ないという分析結果なんでしょうか。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2020年9月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Aug    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930