RACE【レース】

 

 2020年の第4戦イギリスGP予選での各マシンの車速を比較することで、チームごとのパフォーマンス差やマシンの長所・短所がどこにあるのかを分析していこう。

 

 全チームの予選アタックラップの車速データをグラフ化すると以下のようになる。参考値として昨年の予選スピードも併記しておく。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (1)
    • toukeidou
    • 2020年 8月 07日

    走行抵抗がコースのどこでも安定して小さいのが、メルセデスということですかね。直線とコーナーでの変化の割合が相対的に少ないとも言え、ドライビングに直結してきますね~。ドライバーの技量の差を小さくする効果もありそうです。良く言えば乗用車的(笑)。

    ハイレーキコンセプトは、上述の安定性という意味では、根本的欠陥を持っているように思います。アクティブじゃなくパッシブだから反応が遅れ気味になるんじゃないの~。馬力が上がり速度が上がるにつれて、その上昇幅をはるかに越えて安定性を失っていっているように見えます。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2020年9月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Aug    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930