RACE【レース】

 

 8月18日、ツインリンクもてぎで全日本スーパーフォーミュラ選手権の第5戦が開かれ、ITOCHU ENEX TEAM IMPULの平川亮が初優勝を挙げた。このレースではミディアムタイヤがソフトタイヤと較べて充分な性能を有しているとは言えず、ソフトタイヤの使い方が勝負の分かれ目となった。

 

 このレースにおいて、ソフトとミディアムの性能差は明確だった。日曜午前のフリー走行でも両コンパウンド間に1秒〜1.5秒程度の差があり、ソフトが保つ限りはなるべくミディアムを使わない戦略が有効とみられていた。

 

 実際、ミディアムでスタートしたドライバーは全員14周目までにピットインを済ませ、残りの周回をソフトで走りきる戦略を採った。暑いコンディションで重い燃料を積んでいる状態ではソフトにもデグラデーションがありマネジメントをするのは難しい状況だったが、3位を獲得したニック・キャシディは2ストップにすることもなく巧みにマネジメントをできたと言えるだろう。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2019年9月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Aug    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30