RACE【レース】

 

 第10戦イギリスGPでの各マシンのレースペースを分析することで解き明かす第4弾として、中団グループ各チームの比較分析を行なう。

 

 中団グループは予選中団最上位のダニエル・リカルド(黄色・太線)をランド・ノリス(オレンジ色・細線)がスタートで、抜いて中団グループをリード。しかし各車のペース差はほとんどなく、密集した集団でのレースとなった。

 

 ノリスはセーフティカー導入時にピットインせず、2回目のピットストップで後退。ポイント獲得すらならなかった。アレクサンダー・アルボン(水色・細線)もニコ・ヒュルケンベルグ(黄色・細線)とのバトルを制してリカルドの後方に8位まで浮上したが、セーフティカー導入時にERS高圧系のトラブルを抱えていたためピットインできずハードタイヤで最後まで走り切る戦略を採るしかなかった。

 

 それを30周目あたりまでアルボンに伝えていなかったため、アルボンは残り15周でタイヤ摩耗が進んでペースが低下し、10位を堅守していたものの残り2周で2台に抜かれて12位に終わった。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2019年8月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Jul    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031