RACE【レース】

 

 第7戦カナダGPではポールポジションのセバスチャン・フェッテルがレースをリードしたが、48周目にコースオフを喫しその際のドライビングに対して5秒加算ペナルティが科され、トップでチェッカードフラッグを受けたもののルイス・ハミルトンが繰り上がり優勝となった。レッドブル・ホンダは上位2チームに対抗することができず、予選の戦略ミスでQ2敗退を喫したマックス・フェルスタッペンが5位まで挽回するのがやっと。ピエール・ガスリーはルノー勢に先行を許し8位に終わった。

 

 中団グループではルノー勢がトップに立ち6位・7位フィニッシュ。マクラーレン勢がこれにつづいたがリアブレーキのオーバーヒートで後退し、ランス・ストロールが9位、ダニール・クビアトが10位フィニッシュに滑り込んだ。

 

 そのカナダGP決勝の全ドライバーの全ラップタイムをグラフ化し、各マシンのペースを分析する。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。