RACE【レース】

 

 第6戦モナコGPでの中団グループ各マシンのパフォーマンスを、予選アタックラップの車速を分析することで解き明かしていこう。

 

 各マシンの自己最速アタックラップでの、各コーナー及びストレートエンド(EOS)等での車速をまとめてみる。アルファロメオはQ2に進出したがグラフ化したのはQ1での自己ベストタイム記録時、それ以外にもQ1敗退のセルジオ・ペレスとジョージ・ラッセルはQ1で自己ベストタイムを記録した際の車速をグラフ化している。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (1)
    • dubliner
    • 2019年 5月 31日

    開幕前テストからのハースの評価を見ていると、今頃はダントツの4位でレッドブルの後ろ姿が見えていておかしくないのだけどね。
    タイヤを作動温度に入れられてない、戦略の拙さや不運もあるけれど、「速いマシン=ポイントをたくさん取れるマシン」ではないような気がするね。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2019年8月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Jul    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031