RACE【レース】

 

 第3戦中国GPでの各マシンの車速を分析することで解き明かす第2弾として、中団グループ各チームのマシン性能比較分析を行なう。

 

 中団グループからQ3に進出したのはルノーとハースだったが、Q2でのQ3進出争いは極めて僅差で6位ピエール・ガスリーから14位カルロス・サインツまで0.575秒にひしめく接戦。特に8位ケビン・マグヌッセンから12位セルジオ・ペレスまでは0.149秒に5台で、誰がQ3に進んでもおかしくなかった。

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (3)
    • dubliner
    • 2019年 4月 21日

    今年はDRSの効果が高いから、ストレートスピード重視の特性にしなくても決勝で抜けるということかな?

    • MINEOKI YONEYA
      • MINEOKI YONEYA
      • 2019年 4月 21日

      そうですね。あとはまぁ速い遅いといってもそれほど差がない、パワーユニットの差も従来ほど大きくないというのもあるようです。

    • toukeidou
    • 2019年 4月 22日

    結局、低速コーナーでダウンフォース量が多く、ストレートでダウンフォース量が少ないマシンが最速ということですね。PUのパワーに競争力があることを前提として。。。ただ、コーナーに居る時間の方が長いのでそっちでタイムを削った方が早いと、どこかで米屋さんが仰っているのを見たような気がします。

    そうすると、メルセデスがフェラーリのことをストレートが速いとか言って褒めてたのもなんだかなぁ(笑)。最近は、

    「ストレートではフェラーリにかなわないが、我々は、自分たちに無いものを焦って追いかけようとは思っていない」

    って、トトさん、カマトトだったのね(笑)。

    昨年までのレッドブルは低ダウンフォースだってマルコさんも言ってたので、トロロッソはそっち方面に突き進んでいくのかもしれません。レッドブルは、反転して高ダウンフォースに行って、めでたく同じPUで別路線ですね。ホンダはいいデータが取れそうです(笑)。

    ところで、レッドブルがスペインGPのアップデートで改良型フロントウィングが持ち込まれるとかのうわさがありますが、問題になってるのはリヤのダウンフォースだと思うのですが、フロントでいいのでしょうか。

    もしかして謀略(笑)。

コメントするためには、 ログイン してください。

Calendar【日付で記事検索】

2019年5月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Apr    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031