RACE【レース】

 

 中国GPではFP1でパワーユニットにトラブルが発生し交換のためFP2の前半を棒に振った。予選ではまずまずのアタックをまとめ上げたもののターン11でミスを犯し0.022秒差でQ3進出を逃す。

 

 決勝ではタイヤ選択が自由にできる中で最上位の11番グリッドのメリットを最大限に生かせるはずだったが、スタート直後のターン6でマクラーレン勢と接触し後退。マシンにもダメージがあり、最後は自主的にリタイアを選ぶこととなった。

 

 上海の週末のクビアトは終始どこか苛立った様子を見せていた。その不安定さや焦りがレース展開に繋がってしまった感もあった。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2019年7月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Jun    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031