RACE【レース】

 

 第3戦中国GPでは再びメルセデスAMGが圧倒的な速さを見せ、フェラーリはレッドブルトの争いで3位を確保するのが精一杯だった。予選・決勝ともに同じような勢力図となったが、各チームの各マシンはどこが速くどこが弱点だったのか、上海サーキットでこのような結果になった理由を各マシンの車速を分析することで解き明かしていこう。

 

 各マシンのQ3自己最速アタックラップでの、各コーナー及びストレートエンド(EOS)等での車速をまとめたのがこちらの表。Q2最後のアタックで自己ベストタイムを記録できなかったルイス・ハミルトンとマックス・フェルスタッペンはQ3最初のアタック。Q3でタイムを記録できなかったハースとQ3に進出していないトロロッソ、アルファロメオ、マクラーレン、レーシングポイントはQ2、ウイリアムズはQ1でのデータを掲載している。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Calendar【日付で記事検索】

2019年5月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Apr    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031