RACE【レース】

 

 2019年の第2戦バーレーンGP決勝はどのような展開になるのか、フリー走行2回目に各チームが行なったロングランデータを元にレース戦略を事前予想してみよう。

 

 今季は各ドライバーがなるべくプッシュし続けられるよう、コンサバティブなタイヤアロケーションとなっている。そのため今年はかなり硬めのソフト(C3)、ミディアム(C2)、ハード(C1)が持ち込まれているが、デグラデーションは比較的大きく、2ストップ作戦を採るチームが多くなる可能性もある。

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (3)
    • w0fu1sg6
    • 2019年 3月 31日

    タッペンがマグマグをしのげるか?トロロとマクラの仁義なきデッドヒート・・、楽しみっ

    • MINEOKI YONEYA
      • MINEOKI YONEYA
      • 2019年 3月 31日

      ハースはストレートが速くないしタイヤマネージメントはレッドブルの方が上手なので大丈夫だと思いますが、MCLさんがスタートでどのポジションに来てどのくらい後続を抑え込むかでレースは大きく変わりそうですね。。。

        • w0fu1sg6
        • 2019年 4月 01日

        よねやん先生っ。ご返事いただけまして、本当に本当にありがとうございます。コメント以上に必ず盛って返してくださっているのも感じております。みなさんコメントしすぎないようにしてください。
        あー、その通りになっちゃいましたね、決勝。恐るべし、よねやんっ(えと、良い意味です、思いっ切り。)よねやんの眼、よねやんの耳、質感、分析、そしていjま、レベルワンの書き屋魂、すばらしいです

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2022年1月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Dec    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31