RACE【レース】

 

 USGPではキミ・ライコネンがスタートで2位から首位に浮上し、2ストップ作戦に切り替えたルイス・ハミルトンと後方から追い上げたマックス・フェルスタッペンを見事に抑え切って2013年開幕戦オーストラリアGP以来5年ぶりとなる優勝を果たした。

 

 1回目のタイヤ交換タイミングを巡るやりとり、燃費セーブ、レース終盤の緊迫の大接戦など、その舞台裏で繰り広げられた、テレビ放送では公開されない無線交信の全てとともに公開する。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。