RACE【レース】

 

 イタリアGPはフェラーリのキミ・ライコネンがリードし、メルセデスAMGのルイス・ハミルトンが追いかける展開。リアタイヤのブリスターに苦しみながらタイヤマネージメントに追われるライコネンを、ハミルトンが僚友バルテリ・ボッタスの援護射撃も受けて逆転しフェラーリの地元イタリアで優勝をもぎ取った。1周目にハミルトンと接触し後退したセバスチャン・フェッテルは、実質ノンストップ作戦に活路を見出そうとするものの断念し4位フィニッシュが精一杯だった。

 

 レースの舞台裏で繰り広げられたフェラーリとメルセデスAMGによる激しい駆け引きを、テレビ放送では公開されない無線交信の全てとともに公開する。

 

■スターティンググリッド

MGP「バイザーには雨粒が掛かっていただろうけど、今のところレーダー上は雨雲は全くないよ」

HAM「路面温度は?」

MGP「路面温度は30度前後、大きく変化することはないはずだ」

HAM「マシンパフォーマンスを最大限引き出すという意味ではあと1/2ホールだけウイングを上げたいところだけど、トラフィックの処理を考えると迷う。その点は理解しておいてくれ」

MGP「了解。最新の測定では路面温度は28度、金曜よりも低い」

 

■フォーメーションラップ

HAM「今のスタート練習はパーフェクトなスタートだったよ」

 

■L1:ロッジアでHAMとVETが接触、VETがスピンして後退

VET「馬鹿げているよ。彼は一体どこに行きたかったんだ?」

FER「マシンにダメージは?」

VET「フロントウイング。右フロントだ」

FER「了解、BOXしろ。ノーズ交換だ」

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Calendar【日付で記事検索】

2019年11月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Oct    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930