RACE【レース】

 

 6月30日、FIA F2の第6戦オーストリアラウンドはレース1が行なわれ、ポールポジションからスタートしたジョージ・ラッセルが優勝を飾った。フランスに続きレース1は2連勝となった。

 

 相次ぐクラッチトラブルを受け、主催者はこのレースからセーフティカー先導によるフォーメーションラップに続いてローリングスタートをすることに。上位勢は大きな混乱もなくラッセルがレースをリードしたが、6周目にラルフ・ボシューンがトラブルでコース脇にマシンを止めたためセーフティカー導入となり、このタイミングでオプションタイヤスタートだったほとんどのマシンがピットインをしてタイヤ交換を済ませた。

 

 これでプライムスタートだったアルジュン・マイニ、ショーン・ゲラエル、アルテム・マルケロフの3台が上位に上がったが、すでにピットインを済ませた後続とのギャップはなく厳しい状況に。レース終盤までマイニ、マルケロフがリードするが実質的なトップはラッセルのまま。32周目にマイニとゲラエル、36周目にマルケロフがピットインすると、ラッセルが首位に立ってそのままトップでチェッカーを受けた。

 

 その背後ではタイヤのデグラデーションに苦しみ急激にペースを落とすドライバーが現れ始め、途中は中団まで下がっていたランド・ノリスが2位、アントニオ・フオッコが3位まで追い上げてフィニッシュ。好走を見せていたロベルト・メリは4位、マキシミリアン・ギュンターに至っては12位まで後退してレースを終えている。

 

 牧野任祐は最後まで安定したペースを保って7位でフィニッシュ。福住仁嶺は一時8位まで順位を上げていたが、最後にスーパーソフトで追い上げてきたマルケロフを抑え切れず最終ラップの最終コーナーで抜かれてレース2のポールポジションを逃した。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2022年6月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930