RACE【レース】

 

 モナコGPはパワー差がほとんどラップタイムに影響をせず、マシンの素性とドライバーの腕が結果に直結することになる。そんな中で、ホンダはスペインGP後の合同テストでどのようなテストプログラムをこなし、このモナコGPに挑んでいるのか? その一方で、田辺豊治テクニカルディレクターはHRD Sakuraに戻り開発部隊との間で「ガス抜き」をしてきたという。

 

 これらについて、ホンダの田辺豊治テクニカルディレクターは次のように説明した。

 

ーーモナコはパワーセンシティビティが低くパワー不足の不利が出にくいサーキットですが、どのように戦いますか?

「確かにパワーセンシティビティは低いんですが、ストレートで抜かれる可能性も無いわけではありませんから、最終コーナーからの立ち上がりでのエネルギーの使い方は考えないといけませんね。それから非常に低速なセクションで低回転に落ちてからの加速やそのときのドライバビリティが重要だと考えています。ヘジテーションが出ないようにといったその辺りのキャリブレーションはベンチテストでやっていますけど、木曜日に実際に走ってみてからさらに詳しく確認するかたちになります」

 

ーースペインGP後のテストでは新スペックを入れたという報道もありましたが、実際にはどのようなテストプログラムをしたのでしょうか?

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (3)
    • 零48
    • 2018年 5月 24日

    この場合で言う「ヘジテーションが出ないように」とはどういう意味でしょうか。躊躇とかためらうというような意味だったかと思うのですが、あまり専門的なことに詳しくないのでピンと来ませんでした。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2021年9月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Aug    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930