RACE【レース】

20180407-31

 

 第2戦バーレーンGP決勝はどのような展開になるのか、フリー走行2回目に各チームが行なったロングランデータを元に各マシンのペースとレース戦略を事前予想してみよう。

 

 金曜FP-2のデータから分析すると、ソフトとスーパーソフトの間には0.5〜0.6秒のタイム差があり、デグラデーションは0.1〜0.2秒/周程度。

 

 そのためピレリのシミュレーション上では2ストップの方が最速だが、レース展開によってはスーパーソフトの走行スティントを長くして1ストップも視野に入る。しかしこの場合はソフトタイヤでの第2スティントが33周と長くなる。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。