RACE【レース】

20180304-03

 

 バルセロナ合同テスト1回目は低温コンディションのためタイヤが正常に機能せず各マシンのパフォーマンス比較が難しい結果に終わったが、あくまで参考値ではあるものの、4メーカーのパワーユニット性能比較をしてみよう。

 

 パワーの比較要素とするのはコントロールラインの通過スピード。最終シケインから立ち上がり、車速が260km/hを超えて車体ドラッグの影響も出始めている速度域だが、まだその影響はそれほど大きくなく、各パワーユニットの出力差が速度差にほぼそのまま反映されているからだ。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2018年7月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Jun    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031