2015 T2 BARCELONA TESTING

20150219-12

 

 バルセロナ合同テスト初日、ソフトタイヤでトップタイムを記録したパルトール・マルドナドに対し、フェラーリのキミ・ライコネンはミディアムタイヤで0.156秒落ちのタイムを記録。この日の実質的な最速はフェラーリだったと言えるだろう。ライコネンはいつもながらの淡々とした口調で表情も変えずに語ったが、今季のフェラーリが大きく前進していることは間違いなさそうだ。

 

ーートップのロータスはソフトタイヤで記録したことを考えると、今回もフェラーリが実質トップタイムです。

「僕らは自分たちのことをやっているだけで、他のチームがどんなタイムを出しているのかなんて全然気にしていない。ソフトタイヤを履いているチームもあるだろうし、燃料を軽くしているチームもあるだろうし、何をやっているのかなんて分からないからね。僕らとしてはミディアムタイヤでヘレスと同じように淡々と走っただけのことだよ」

 

ーーまだ信頼性確認のためのプログラムですか?

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2023年2月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728