RACE【レース】

20150219-10

 

 バルセロナ合同テスト初日のトップタイムを記録したロータスのパストール・マルドナドに感想を聞いた。午前中の走り始めは立て続けにコース上にストップして二度の赤旗を出すなどしたが、午後は順調に周回を重ねた。

 トップタイムはソフトタイヤで記録したもので、実質的な最速はフェラーリであったことは百も承知。しかしマシンのフィーリングは確実に良くなっているといい、マルドナドは冷静に自分たちの現状を評価している。

 

ーーバルセロナ合同テスト初日をトップで飾りました。

「もちろんタイミングモニターの一番上に自分の名前が出ているのは良い気分だよ。しかもこのファステストラップも狙って出したものではなくて、普通にプログラムをこなしていく中で出たものだからね。クルマはレスポンスが良いし、フィーリングが良い。セッティング変更に対する反応も上々だ。ヘレスから較べても大きく進歩しているよ」

 

ーー最速タイムはソフトタイヤで記録したものですか?

「ソフトタイヤで出したもので、まだソフトタイヤを履いていないチームもあるし、他チームがどのくらい燃料を積んでいるかも分からない。とはいえ僕らもまだクルマの温度をチェックしたりといった段階でしかないし、ある程度の燃料は積んで走っていたんだけどね。僕らとしては一歩ずつクルマへの理解を深めていっている段階なんだ」

 

ーーフェラーリの2番手タイムはミディアムで記録したものですが、ソフトとミディアムのタイム差は?

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2021年10月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Sep    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031