RACE【レース】

20150209-01

 

 マクラーレンのエンジニアリングディレクターとして現場オペレーションを統括するマット・モリスに、ヘレス合同テストの4日間を振り返ってもらった。ザウバーでジェームズ・キーの後を継いでチーフデザイナーとして2012年型マシンの設計を手がけた後、マクラーレンに引き抜かれた人物だ。

 

ーーヘレス合同テストでのテストプログラムというのは?

「これだけ従来と異なるマシンだから、空力が我々の想定通りに機能しているかどうかの(風洞とCFDと実走の差異を確認する)コラレーションデータの収集を行なうことが今回のテストの主目的だ。クーリングパッケージは我々の想定通りに機能しているし、パワーユニットも通常通りの温度で作動している。チェック項目は順調にこなしていけているよ。タイトなパッケージを実現するための我々のハードワークは実を結んだと言って良いだろう」

 

ーー昨年11月にアブダビでテスト車両を走らせていながら、今回これだけ多くのトラブルに直面することは想定していた?

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2020年11月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Oct    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30