RACE【レース】

20150201-01

 

 2月1日、ヘレス合同テスト初日のマクラーレン・ホンダは、僅か4回のコースインで計6周という内容で終わった。そのほとんどがシャシー側の問題と確認作業のためのタイムロスではあったが、パワーユニットとしても全開とはほど遠い状態で走っており、充分なテストが行なえたとは言い難い初日となった。

 テスト終了後、ホンダの新井康久総責任者にテスト初日の内容について聞いた。

 

ーー初日のテストは6周だけで終わってしまいましたが、これは想定よりも少なかった?

「ちょっと少なかったですね。本当はもっとガンガン走る予定でしたから。朝も開始が少し遅れてしまってインスタレーションチェックができないまま午前中が終わってしまいましたし、午後に走った後にもいろんなところに小さなトラブルが出て、それをチェックしているうちに時間が過ぎてしまいましたね」

 

ーーそんなに確認項目があったんですか?

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2021年12月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Nov    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031