2022

 

2022年の第20戦メキシコシティGPはポールポジションのマックス・フェルスタッペンがソフト〜ミディアムの1ストップ作戦でタイヤを保たせて優勝。ミディアム〜ハードの1ストップを採ったメルセデスAMG勢はフェルスタッペンのミディアムタイヤがタレて2ストップ作戦になることを狙ったが、逆転優勝は叶わなかった。

 

そんなメキシコシティGP決勝のレースペースを分析していこう。

 

全ドライバーの全ラップタイムをグラフ化すると以下のようになる。横軸が周回数で、縦軸はペースで上に行くほどペースが速い。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (2)
    • unicorn712
    • 2022年 11月 05日

    ずっと1分22秒台でペースを維持していたフェルスタッペンのマネジメントはすごいですね。
    海外のツィッターで、FIAがレッドブルの燃料流量違反の可能性について調査を始めたとありますけど、事実でしょうか?出どころはAMuSだとか。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2023年1月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031