2022

 

 2022年の第11戦オーストリアGPはポールポジションのマックス・フェルスタッペンがレースをリードしたものの、シャルル・ルクレールが逆転。早々にピットインを余儀なくされたフェルスタッペンに対し、第1スティントを引っ張ったルクレールが優位に立って常にフレッシュなタイヤでレースを進め、3度に渡るオーバーテイクで勝利を収めた。

 

 そんなオーストリアGP決勝のレースペースを分析していこう。

 

 全ドライバーの全ラップタイムをグラフ化すると以下のようになる。横軸が周回数で、縦軸はペースで上に行くほどペースが速い。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (1)
    • unicorn712
    • 2022年 7月 14日

    こういうときにペレスがいれば、ちゃんとタイヤの評価できるですけど、ねぇ…

コメントするためには、 ログイン してください。