2022

 

ーーこれでエミリアロマーニャGPから6連勝となりました。

「リザルトだけを見れば我々が多くのレースで勝利を収めているが、そのほとんどが強烈なストレスと闘いながらの勝利だったんだ。今週末はマックスがとにかく最高の仕事をしてくれた。ほぼ全てのセッションで最速でポールポジションも獲得したし、決勝では厳しい状況もありながらも勝利を収めてくれたね」

 

ーー9周目のVSCでマックス・フェルスタッペンは早々にピットインしました。

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (2)
    • unicorn712
    • 2022年 6月 20日

    ホーナーに対してフェルスタッペンは厳しかったことを認めてますね。フェラーリの方が速かったと。
    フェルスタッペンの無線の問題ですが、フェルスタッペンから返答なかった件ってどうにもならないのかな。スペインで体調悪かったノリスは、喋れないかわりにCONFIRMボタン押すよう指示されてましたが。

      • MINEOKI YONEYA
      • 2022年 6月 21日

      チームはタイヤエイジ差を勘案した上でデータを見てそう言ってるんでしょうけど、ドライバーの方が速い・遅いは分かりますからね。

      VERはチェッカー受けるまで自分の声が聞こえていないことに気付いていなかったみたいですが、まぁその必要もない状況でしたね。チーム側というかGPも、その状況が分かっているからこそVERのバトルに邪魔にならないように必要最小限の無線交信に留めていましたし、抑えた声で話していました。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2022年8月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031