2022

 

バルセロナ合同テスト初日の内容と手応え、そして2022年型マシンAT03のフィーリングについて、角田裕毅に改めて語ってもらった。

 

ーー改めて、バルセロナ合同テスト初日を振り返って頂けますか?

「初日はまずできるだけマシンについてのフィードバックをできるように心がけました。チームからそうしろと言われたわけではありませんけど、今回のテストでマシンの問題点をしっかりと洗い出して次のバーレーンテストに向けてマシンの開発を進められるように、そうすべきだと思ったからです。ここまではスムーズにその作業が進んでいると思います」

 

ーー昨日話していた『マシンの良いところと悪いところ』がたくさん見つかったというのは?

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Calendar【日付で記事検索】

2024年2月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829