RACE【レース】

 

 第22戦アブダビGP決勝のレースペースに続いて、各チームの戦略を分析していこう。

 

 全マシンのトップからのタイムギャップをグラフ化すると以下のようになる。一番上がトップ走行ドライバーで、下に行くほどギャップが大きくなる。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (3)
    • unicorn712
    • 2022年 1月 04日

    奇妙なのが、VSCの終わりごろにHAMとVERとのギャップが21秒少しだったのが、VSC終了直後にいきなり17秒まで減ってるんですよね。ハミルトンのリアクションが遅かったのか分かりませんけど、それもハミルトンにしては痛かったのかなと思います。そしてもちろん、ペレスの働きと、ボッタスが角田に引っかかったのが大きかったですね。

      • MINEOKI YONEYA
      • 2022年 1月 04日

      VSC解除直前は23秒差だったのが17秒になっていますが、VSC中の走行ペースは70%なので、23×0.7=16で計算上はそんなに誤差はない気がします。
      VSCも解除になった瞬間にどこにいたかで少し損得が出るので(LEDパネルが無い場所、減速フェイズに入る場所で解除だと損)、損得を最小限にするためにも無線で「GO!」を知らせた方が良い気がしますけどね。

        • unicorn712
        • 2022年 1月 05日

        ああ、なるほど。ペース落としてたからギャップが広がってたんですね。勘違いしてました。そりゃそうですね(笑)
        サウジアラビアでもストレートで速いハミルトンがコーナー区間の連続するセクターでVSCが解除されて、ギャップが1秒から2秒へと広がってたりしてましたね。

コメントするためには、 ログイン してください。