REGULAR【連載】

 

 2018年のF1第18戦USGPのサポートレースとしても開催されるF3アメリカズ選手権で使用されるF1マシンをご紹介しておきましょう。エンジンはホンダ製です。

 

 F3アメリカズ選手権は今年の8月から開幕したばかりの新シリーズ。今シーズンはピッツバーグやミドオハイオなどインディカーが行なわれるロードコースなどアメリカ国内の6ラウンド12戦で争われ、将来的にはアメリカ合衆国、カナダ、メキシコの3カ国で行なわれる予定。

 

 30分間のフリー走行、予選、30〜40分間のレースが2回という週末スケジュールで行なわれています。リージョナルF3にあたる選手権で、シリーズチャンピオンには来季GP3から改組されるインターナショナルF3への参戦費用の一部として20万ドル(約2250万円)のスカラシップが与えられます。スーパーライセンスポイントも全日本F3選手権よりも多く、チャンピオンは16点、2位14点、3位10点といったかたち。ただし初年度の今季は8台しか参加台数が集まっておらず、やや寂しいところ。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2020年6月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« May    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930