REGULAR【連載】

 

 どんな高い精度を持つ工作機械を使い、熟練の職人技で手塩に掛けて製造したとしても、パーツ個々の個体差というものはどうしても出て来てしまいます。小さなビスのようなシンプルな加工品なら誤差はほとんどありませんが、ボディカウルのような大きなパーツともなればそれなりの誤差が生じるのも仕方のないことなのです。

 

 では、その“個体差”とはどのくらいのものなのでしょうか?

 

 ハンガリーGPの金曜フリー走行で使用されたトロロッソのエンジンカバーを例にとって見てみましょう。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (2)
    • 3Blackcats
    • 2018年 8月 09日

    ハートリーさんの方が背が高い(=重い?)のに余計不利ということでしょうか。カツカレーはレース後限定にしないと。頑張れハートリー。

    • MINEOKI YONEYA
      • MINEOKI YONEYA
      • 2018年 8月 09日

      ブレンドンは長身ですがペラッペラなくらい細いので、意外と体重はピエールと同じくらいかも。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2018年8月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Jul    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031