REGULAR【連載】

20140331-01

 

 キミ・ライコネンといえば、無口で愛想がなくて、ファンサービスもしないアイスマンっぷりが有名ですが、フェラーリに加入した今年はこれまでとはちょっと違うんです。

 

 まず、メディアに対してよくしゃべるようになりました。もちろんおしゃべりになったわけではないんですが、ひとつの質問に対して今までなら一言二言で終わっていたような状態だったのが、今年は結構丁寧に説明をするんです。それは現地からお届けしているQ&Aを読んで頂いても分かるかと思うのですが、メディアの人たちに対してきちんと理解してもらいたいという気持ちがそうさせているのではないかと思います。

 

 まぁ、ロータス時代はテーブルについてその周りを報道陣がドッと囲むというスタイルだったので、圧迫感があって喋りにくかったというのもあったのかもしれません。フェラーリは基本的にTV用とは別にジャーナリスト向けには会見スタイルでメディア対応をしてくれて、ライコネンが中央に座って、報道陣はズラリと並べられたイスに座って、一人ずつマイクを受け取って質問するスタイル。彼にとってはこの距離感もちょうど良いのかもしれませんね。

 

 でも、変化はそれだけじゃないんです。

 

 なんと、今年のライコネンはサインをする!

 

20140331-02

 

 パドックでファンに呼び止められたりすると、今までだったら無視してスルーしていたのが、今年はちゃんと立ち止まってサインをしてあげたりするんです。これはテストの時からそうでした。

 

 オーストラリアGPのあのパドック入口前の“入り待ち・出待ち”エリアだって、ちゃんとサインしに行きましたからね! 今年も何回かはスルーしてましたが(苦笑)、去年までなら全部スルーでしたから! それに、それ以外の場所では結構普通にサインに応じたりしているんです。

 

 アイスマンの心もついに雪解けでしょうか?

 

(text by 米家 峰起 / photo by Wri2)

 

 

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2020年11月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Oct    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30